2010年02月01日

初雪

東京は朝から冷たい雨だったのですが、夜になってから雪にかわりました。
なにやらイキオイが大変あって、どんどん積もっています。

100201_pm9.jpg

↑午後9時ごろ、ベランダより撮影。

私の出身地・静岡は、気候が温暖でめったに雪が降りませんでした。
(幼稚園や小学校では「雪見遠足」なる、他県へ雪にふれにいく行事がありました)
五年程度に一度雪が降ることがあり、積もっても半日持たずに溶けてしまったという記憶があります。雪といえば、いつでも見える「富士山」の山頂に寒い季節になると出現する、遠い存在でした。

ですので、この東京に引っ越してきたときは、
雪が積もるのがとても嬉しかったです。日常見ている風景がすっかり変わってしまうのが、実際に目で見るととても不思議でした。

……いや、この東京でも、雪によって困る人がたくさんいるわけで、
雪国の方々にとっては非常に厄介なものですから、
浮かれているのも申し訳ないのですが。

しかし、私にとって雪は、やはり魔法というかファンタジー(不思議、幻想という原初の意味での)なのです。

こんな話は、むかし『ねこねこファンタジーガイド』(角川書店の「コンプRPG」「ゲームクエスト」誌の連載)でもしたことがありますね。
あのとき、ゲームの話とからめて書いたように、いまも雪の積もった地面を見ると『ミスリルでの使命』(SF-TRPG『トラベラー』の氷原惑星を舞台にしたシナリオ)で、ATV(全地形走行車両)で仲間たちと旅した光景が思い浮かびます。架空の体験なのに不思議なものです。そういえば、雪のない静岡でのプレイでした。

さて、明日は雪が積もった「ふしぎな風景」に、出会えるでしょうか。

trav100201.jpg
↑宇宙SF-RPG『トラベラー』より。こちらは1984年のホビージャパン日本語版。とけねこ先生の「青春のRPG」のひとつでした(もうひとつは『ローズ・トゥ・ロード』)。『ミスリルでの使命』は、氷の惑星ミスリルを舞台にしたもので、基本セットに収録された2本のシナリオのうちのひとつ。


posted by とけねこ(藤浪智之) at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。