2010年02月09日

『ロロナと偉大な錬金術士』中身紹介

PS3の人気タイトル『ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜』のノベライズ、
『ロロナのアトリエ〜ロロナと偉大な錬金術士〜』のピンナップやイラストなどを、写真で紹介します。

roro_sp_title_s2.jpg

※検索でいらっしゃる方がいるようなので、
ひとつの記事にまとめておくことにしました。

この前、
『朧村正』ノベライズの写真をとった記事をつくったあと気がついたのですが、そういえば『ロロナと偉大な錬金術士』のほうはそういう紹介をしておりませんでした。

ネット上でも、そういう紹介はまだ無いようなので、
写真で紹介してみようと思います。

※実物を見るまでネタバレはちょっと……という方は、
以下の記事は見ないでくださいませ。

roro_syo01_100206.jpg

↑オビのついた状態の書影です。
オビのテキストは、担当編集者Tさんの、渾身のコピー。
Tさんはあとがきにも登場しますが、それこそ私などよりも
『ロロナのアトリエ』ファンのかただと思います!

roro_syo02_100206.jpg

↑ピンナップは、こんな感じです。
ごらんになるとわかりますが、中央のロロナとステルクは、
表紙の差分イラストになってるんですね。

久方綜司先生イラストのこの画像は、
現在みのり文庫公式サイトで壁紙としてダウンロードできます。
→こちらの記事も参照ください。

roro_syo03_100206.jpg

↑ピンナップ裏面はこんな感じで、
キャラクター紹介となっています。

【追記】本文イラストを紹介します。

roro_hon01_100207.jpg

↑〈王宮〉のフロントにて。
久方綜司先生の挿絵は、このように各キャラの表情が豊かで、
とても素敵です。
そして、エスティさんが登場する貴重なカット。

roro_hon02_100207.jpg

↑劇の練習風景。
舞台衣装をつけたホムと、コオルくん
アキバOS様の記事でも引用されてしまった、
とけねこ先生がデレデレしていたのは、この挿絵のラフでした〜。

さて、この絵を見て、原作ゲームをプレイしたかたなら、
おかしいと思ったことでしょう。
ノベル版は、ガスト様の了承をいただき、
そういう仕様になっています。

roro_ura01_100207.jpg

↑そして、カバー下の裏表紙。
みのり文庫の本は、全て裏表紙に、
その作品にあわせた
「その作品のコスプレをした、
マスコットキャラ・みのりさんによる、ひと言ネタ」
があります。
(もし、ほかの本もお持ちならば、めくってみてください。
『てぃあてぃあ。』でも3巻ともちがうネタが入っています)

この『ロロナと偉大な錬金術士』では、アトリエシリーズでもおなじみのセリフ。

「た〜るっ!」

このあまりに有名なセリフ。
ちゃんとノベル版の本文中でも、その伝統に敬意を表しつつ、使わせていただいております。

●ロロナのアトリエ・関連リンク●
原作ゲームのメーカー「株式会社ガスト」様のサイト
※サイト内「ガストショップ」様でもノベル版は好評販売中です!
原作ゲームのキャラクターデザイン「岸田メル」先生のサイト『迷子通信』
ノベル版の挿絵担当「久方綜司」先生のサイト『エソラセカイ』(旧Clipping Artron)
出版元・ハーヴェスト出版「みのり文庫」様のサイト
 →ピンナップ画像のダウンロード企画コーナーはこちら。


posted by とけねこ(藤浪智之) at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。