2010年05月01日

『コトノハ通信』本日発売です

kt_hyoshi100316.jpg

『コトノハ通信 マンションズ&ドラゴンズ&ダークローダーズ・ノベル』が、本日5月1日刊行となりました。

正式発売日前から、一部書店様では既に販売が始まったようなので、手に入れてくださった方もいらっしゃるようです。ありがとうございます。
この本は、漫画:佐々木亮・原作:藤浪智之のコンビによる作品、ワニブックス様「コミックガム」に連載された『マンションズ&ドラゴンズ』(1999〜2003)『ダークローダーズ 魔王のおしごと』(2003〜2006)の外伝的ノベライズ・ブックです。

まずは、連載終了後4年も経ったこの作品の新しい本を刊行していただけた幸運に感謝します。
出版元のハーヴェスト出版様、原作作品でお世話になったワニブックス様はもちろんのこと、連載終了後もこの作品を応援してくださった、ファンの皆様のお力があったことに他なりません。
この場をお借りして、感謝の意を伝えさせていただきます。

ありがとうございます。

●本の内容

A5版サイズでちょうど『マンションズ&ドラゴンズ』『ダークローダーズ』のコミックスと同じ大きさになっています。
まずは私・とけねここと藤浪智之による書き下ろしのノベル(どれも独立して読める短編になっています)、挿絵はもちろん佐々木亮先生です。さらに佐々木亮先生によるショートコミックを掲載。本のページの下の部分(欄外)はゲームブックや「+α」の読み物、ハシラ部分はQ&A。そして巻末付録にミニTRPGも掲載された、なんというか「とても盛りだくさん」な内容になっています。

本編のあとがきでも紹介していますが、ハーヴェスト出版様の担当編集さんも『マンドラ』『ダークロ』のファンのかたで、編集中も(作者の我々が忘れているような!)数々の指摘や提案をしてくださいました。ハシラQ&Aは、担当編集T様の提案で質問を考えていただきつつ、私と佐々木先生で答えて構成したものです。

●付録ゲームブックとTRPG

「欄外ゲームブック付で、付録TRPGもついた本を!」というのは、じつはハーヴェスト出版様からの提案でした。
ハーヴェスト出版様は、私も『てぃあてぃあ。』や『ロロナのアトリエ〜ロロナと偉大な錬金術士』などのお仕事をいただいているのですが、主にゲームのノベライズのレーベルの出版社さんです。
 これまでも、ゲームのファンブックという形で「付録カードゲーム付」の本(「いけ!いけ!僕らの『恋姫†無双』」「
「いけ!いけ!僕らの『リトルバスターズ!』」等)を刊行したり、美少女ゲームのゲームブック化などの企画をされていまして、そういった流れで『コトノハ通信』もこのような「盛りだくさん」の本になりました。
 欄外ゲームブックは、サイコロなども使わない簡単なものですが、マルチエンディングで「各エンディングが佐々木先生のコミックになっている」という楽しい内容に仕上がっていると思います。

 付録TRPGは、この機会に私・藤浪が、できるだけ簡単なルールで「手軽にTRPGの楽しさを感じてもらえるような」ゲームを目指しました。シンプルなルール、用意されたナッツやユーシスなど原作キャラでもオリジナルの自作キャラも可能で、一人でも他人数でもプレイできる内容となっています。
 いっぽう、ゲームデザイナーとしてもちょっと面白いシステムを盛りこんだつもりですので、既にTRPGをご存知の皆様も見ていただければと思います。
 シナリオも1本ついていますので、ぜひ実際に遊んでみてください。皆さんからの希望があれば、追加キャラクターデータやシナリオなども、今後ウェブなどで発表したいと思っています。

●豪華ゲスト様
そしてこの本には、素晴しいゲストの皆様からご寄稿をいただくことができました。

井上純弌さま
器械さま
中山かつみさま
速水螺旋人さま
フーゴ・ハルさま
まるかたさま
……の皆様です。

各方面でご活躍の皆様ですが、
連載中だった『マンドラ』『ダークロ』でご縁がある皆様に、
この機会にぜひと思いお願いしました。

オビの文をご寄稿くださいました、
菊池たけしさまは、
ちょうど10年前、『マンションズ&ドラゴンズ』の最初の単行本のオビの文章を寄せていただいたご縁もあり、今回もお願いしました。

佐々木・藤浪ともお世話になった皆様、
あるいは、尊敬しているクリエイターの皆様です。

4年ぶりのこの〈コトノハ〉世界の本に、素晴しい皆様からのご寄稿をいただき、とても嬉しく思っております。
皆様、ありがとうございました。

●そして……

そんなこんなで、素敵な本に仕上がったのではないかと思います。
本の詳しい内容は、ハーヴェスト出版様の公式サイト内
「コトノハ通信・特設ページ」もご覧になってください。
本文の試し読みや、付録TRPG用の各種シートやデータのPDFデータダウンロードサービスもはじまっています。

また「表紙イラスト間違い探し」企画で、アンケートハガキと共に5月末までに送っていただきますと、色紙プレゼントという企画も行なっていただいております。

それでは四年ぶりの〈コトノハ〉世界の物語。
良かったらお手にとってくださいませ。

佐々木亮先生のブログの紹介記事もどうぞ。


ラベル:コトノハ通信
posted by とけねこ(藤浪智之) at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。