2010年11月11日

あなたが主人公!『バニラのお菓子配達便!』

ひさしぶりの、お仕事の新作情報です。
『バニラのお菓子配達便!〜スイーツデリバリー〜』
イラストは、おなじみ佐々木亮先生。コンビによるオリジナル新作です。

角川つばさ文庫さまより、11月15日刊行予定です。

「読者のあなたが主人公」という本なのです。

角川つばさ文庫は、角川グループさまによる、小・中学生の読者のみなさんを対象としたシリーズ。2009年に創刊されたばかりの児童書レーベルです。
TRPGファンにも懐かしい〈ドラゴンランス〉シリーズが新しい形で刊行されていたり、okama先生の美麗なイラストの『新訳・ふしぎの国のアリス』など、楽しい本がたくさん出ています。伊豆平成先生も活躍している『ケロロ軍曹』のノベライズでも知られていますね。
『ウルは空色魔女』(人間界へ修行に来た、ただひとつ「ものを甘くする魔法」だけを使える、小さな魔女ウルと、町の人々とのふれあいの物語)は、読者としてワクワクして読んでます。
『おはなしドリル だれかのぼうけん』(本の文章や絵の[主人公]や[同行者]、[敵]、[キーとなるアイテム]などが「空白」となっており、自分自身で書き込むことによって「自分だけの物語」をつくる本)など、「物語工学」的にすごい試みをしている本もあり、私自身、目を離せなかったレーベルです。

tubasa_101111.jpg
↑とけねこ先生も読者として楽しんでます。角川つばさ文庫。
『ウルは空色魔女』1巻が2冊あるのはサイン本を買っちゃったからというのはナイショです。
『ケロロ軍曹』ノベライズで活躍している伊豆平成先生の新刊『SDガンダム三国伝』のノベライズも、おなじく11月15日刊行。応援してます!


さて、そんな「角川つばさ文庫」からの刊行となります。
『バニラのお菓子配達便!〜スイーツデリバリー〜』
とある町のお菓子屋さん「パティスリー・エイル」の三姉妹の末っ子である、小学五年生の「天馬ばにら」。
お姉さんふたりを助けてお店を手伝うために「はいたつサービス」を思いつくのですが、そこへ次々とおかしな注文が……というお話です。

さて、このお話。じつはただの小説ではありません。

読者のあなたが、行動をえらぶと、ストーリーや結末がかわっていく……という本なのです。

vanilla_01_101111.jpg
↑オビには「あなたが主人公!」の文字。
この本では、読者のあなたが主人公です。


ちょっと年配の方には「アドベンチャー・ゲームブック」というと、懐かしく思い出されるかもしれません。
現在でも根強いファンのかたが多く、復刻や新作の刊行もされているジャンルの本です。
(この夏にも、フーゴ・ハル先生による意欲的な新作『モービィ・リップからの脱出』も刊行され、アナログゲーム・ファンには大変な話題となりました)

お話を読みすすめていくと、「どう行動するか」を決める部分がときどき出てきます。
お届け先のお客さまにどう話しかけるか?
キッチンにいるおねえさんを、てつだうのか、じゃましないようにするか……などなど。
ときには「町のマップ」のなかから、どこへいくかをえらぶ、というような場面もあります。

えらんだ行動がうまくいくとはかぎりません。
トランプ占いのように「行動がうまくいったか・しっぱいしてしまったか」を、きめるばあいもあります。

この本のなかには、3つのお話がはいっています。
どのお話も、行動によって結末がかわるようになっています。
ときには、しっぱいしたまま終わってしまうことも……。

どんなエンディングをむかえるかも、読者のみなさんしだいです。

vanilla_02_101111.jpg
↑カバーおりかえしより。読者のあなたは主人公「天馬ばにら」となり、じぶんで行動をえらぶことになります。
イラストにもなってるのは〈お菓子の妖精(フェイ・デ・シュクレ)〉の「デコ」
本のなかで、アドバイスやおうえんをしてくれるパートナーです。


この『バニラのお菓子配達便!』、じつは一年ほど前から、お話があり、
「角川つばさ文庫で、新しい読者の人に、ゲームブックをたのしんでもらおう」という企画をうかがい「ぜひとも!」と受けさせていただいたお仕事です。
発案者の編集者さんと共に、あれこれとためしながら、ひそかに進めておりました。

そのあいだに、角川つばさ文庫さまでのモニター会(小中学生のかたをまねいて、じっさいに本や原稿をよんでもらう、試験的な読書会)などにも、サンプル原稿を出させてもらったりもしたのですが……うれしいと同時に、おどろいたことには、いまの小中学生の読者さんたちに、たいへん好評だったそうです。

私じしん、じつは「ゲームブックというのは古いんじゃないか」もあったのですが……まったくはじめて読んだ、小中学生のみなさんにとっては「自分自身で行動をえらび、ストーリーがかわっていくお話」は、しっかりと魅力的にうつったようです。
(むしろ、高学年のかたからは「(このサンプルでは)カンタンすぎるから、もっとむずかしいナゾときを」という声もありました。……本になった『バニラ』では、それにおこたえしています!)

それで勇気を得たこともあり、そこからもアレコレとなやんだり書きなおしたりしながら、数か月……ようやく、こうして1さつの本になりました。

佐々木亮先生によるイラストもたっぷりの、たのしい本になっています。

小中学生のみなさんはもちろん、
ゲームブックファンだった私と同世代のみなさまも、
ぜひ本屋さんで、手にとってくださいませ。

本作が第1作となる〈つばさゲームブック〉は、すでにほかの作家さんによる続刊も予定されているのですが、これから長くつづいていくかは、読者のみなさまに受け入れられるかにかかっています。

正直いえば、作者としても、いまの読者のみなさんに〈ゲームブック〉がどう読まれるか不安でいっぱいです。
多くの読者のみなさんに、「自分自身で行動をえらぶ」ことを楽しんでもらえるのか、それとも、めんどうくさいと投げ出されてしまうのか……。
ドキドキしながら、発売日をまっています。

「読者のあなたが主人公」の
「行動によってストーリーがかわっていく」という物語。
きょうみがあるみなさん、もっと読んでみたいというみなさんは、どうか応えんしてください!


さて、ウェブサイトやツイッターなどでも告知させていただきましたが、
発売中のケロケロエース12月号に、なんと「ケロロ軍曹」に出演していただいた、ピーアールまんがが掲載中です。このことはまた別の記事で。


バニラのお菓子配達便! ‾スイーツデリバリー‾ (角川つばさ文庫)

バニラのお菓子配達便! ‾スイーツデリバリー‾ (角川つばさ文庫)

  • 作者: 藤浪 智之
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2010/11/15
  • メディア: 新書




セブンネット様、楽天ブックス様でも、予約受付中!
(追記)
→アナログゲームショップイエローサブマリン様でも、お取り扱いいただけるようになったようです。アナログゲームファンとして喜んでおります!
posted by とけねこ(藤浪智之) at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169069186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。